日本人と温泉

日本人にとって、温泉は欠かせないものです。外国からわざわざ温泉に来るためだけに来日したりと重要な観光資源の一つとなっています。 そんな温泉開発は今後どうなっていくのでしょうか。温泉開発の技術は日本は特価しています。それは日本のみならず世界に向けて発信されていくべきものです。東ティモールにも温泉の技術を提供するなど、これからは世界の温泉地を開発していく方向となるでしょう。また、温泉開発の技術を地熱発電に回していくことも考えられます。現在原子力発電が問題視され、火力発電に主に頼っています。これからは太陽光発電や風力発電などクリーンなエネルギーが必要となってきます。その中で地熱発電は重要なものになるでしょう。

温泉開発で気をつけるべきことは、乱開発の防止です。現在続々と温泉採掘の申請があり、どんどん開発されていくでしょう。それを続けていくとどうなるでしょうか。一つは水温の低下です。温泉とは地下水が温められてできたものであり、限りがあります。それを引き上げているのであり、温泉を開発し続けていくと地下水が消え、水温の低下に繋がります。もう一つは広域の地盤沈下です。温泉の採掘は勿論地下を掘り進めます。このまま続々と採掘していくと、遠くない将来に地盤沈下が起きてしまう恐れがあります。そこで重要になってくるのが開発の制限などの乱開発の防止です。 先にも述べたように、日本人にとって温泉は重要なウェイトを占めています。その温泉を守るために我々ひとりひとりが考えていかなくてはいけません。